講師 大貫 崇 Takashi Onuki


 

 

BP&CO. 代表

PRIジャパン 教育コーディネーター

大阪大学大学院医学系研究科スポーツ医学教室所属 特任研究員

 

CSCS, ATC, PES, PRT, CFSC

1980年神奈川県生まれ。

桐蔭学園高校を卒業後、渡米。タウソン大学運動学部アスレティックトレーニング学科を卒業後、高校でヘッドアスレティックトレーナーとして働きながら2006年にフロリダ大学大学院で応用運動生理学の修士号を取得。その後MLBテキサスレンジャースのインターンとして働き、NBA D-Leagueのフォートワース・フライヤーズでヘッドアスレティックトレーナーとして勤務。理学療法クリニックにおいてアスレティックトレーナーとしてニューヨークやテキサスで計5年間勤務したのち、マイナーリーグアスレティックトレーナーとしてMLBアリゾナ・ダイアモンドバックスと契約。


2013年に帰国後は株式会社リーチに入社。高齢化社会において健康寿命を延ばすべくメディカルフィットネスジムで呼吸エクササイズを取り入れる傍ら、 投球ビデオ解析を中心に野球障害予防とコンディショニングを推進。2015年9月よりPRIジャパン教育コーディネーター、2016年1月にPRT(Postural Restoration Trained)の資格認定を受ける。2016年11月に退社後、BP&CO.代表。2017年1月より大阪大学大学院医学系研究科スポーツ医学教室にて特任研究員として所属。

 

著書に『勝者の呼吸法 ~横隔膜の使い方をスーパー・アスリートと赤ちゃんに学ぼう!』(ワニブックスPLUS新書)


第2部(10/6 14:00~)

『呼吸が変われば姿勢が変わる 〜ピラティス呼吸の前に本来あるべき呼吸を学ぶ〜

 ピラティスの世界ではずっと注目されている呼吸に対するアプローチですが、ピラティスを含め様々な呼吸法を学ぶ前に知っておくべき「ただの呼吸」があります。解剖学的に本来あるべき呼吸を学ぶことで、皆さんの体幹や姿勢へのアプローチはより深くなり相互効果をもたらすでしょう。前半は、呼吸の重要性について、知っておくべき呼吸の基本的な解剖学、後半はそれに基づいた基本的な呼吸エクササイズをグループワークで実践していくことで身体への変化を一緒に探っていきましょう!