講師 荒川 大輔 Daisuke Arakawa


 

 

第1種教員免許 中学・高校(地理歴史科・公民科・保健体育)

 

国際陸上競技連盟 公認コーチ level 1

陸上・走幅跳が専門。自己ベスト8m09cm 日本歴代9位。
競技者として2016年7月に現役引退。
指導者として、2009年から教員として始める。2010年のNOBY T&F CLUB立ち上げからコーチとして活動。現在は小学生〜80歳・親子の教室など年代問わず実施。指導を通じて体幹(背骨)を使って身体を動かすことでスムーズな身のこなしが手に入ると実感。夢は自分が関わった選手の中から2050年までに9mジャンパーを出すこと!


競技実績
 1999年 世界ジュニア選手権 in チリ 日本代表
 2003年 ユニバーシアード in 大邱 日本代表
       アジア選手権 in マニラ 日本代表 5位
 2006年 国民体育大会 成年男子 大会新記録 優勝
 2007年 日本選手権 優勝
       世界陸上 in 大阪 日本代表
 2008年 兵庫リレーカーバル 8m09 自己べスト
 2009年 日本選手権 優勝
       世界陸上 in ベルリン 日本代表
 2012年 日本選手権 優勝
 2017年 ワールドマスターズゲームズ in ニュージーランド 金メダル

 

指導実績
  2009年 同志社香里中学・高等学校 保健体育 非常勤講師
  2010年〜 NOBY T&F  CLUB コーチ
  2013〜2015年 関西大学 教育学部 陸上競技 非常勤講師
  2014年 大阪府子どもの体力向上委員会 副委員長
  2013年〜 The PATCHWORKS (大阪・枚方市でのかけっこ教室主宰)


第1部(9/30 14:00~)

ボディコントロール & ランニングテクニック

 ボディコントロール(身のこなし)が上手になるとスポーツを楽しむことはもちろんのこと、私生活においても動くのが楽になります。
 では、ボディコントロールが上手な人は何が長けているのか?
 強い体幹やバランス感覚、リズム感、イメージ通りに身体を動かすetc.様々な要素の組み合わせがうまく連動することで巧みな身のこなしになります。今回のボディコントロールのところでは【目線と背骨】をうまく使って連動性を高める動きにもチャレンジしていきましょう!
 後半ではランニングテクニックについてです。走ることは何歳の時からできるようになりましたか?覚えてないくらいの年代ですよね?どうやったら速く走れるのか、ランニングテクニックを知って走るのと知らずに走るのとでは質が変わってきます。ただ走ることから、こうやって走ってみようかな。この心の動きをぜひ体験してください!テーマは【姿勢(形)・リズム・キレ】です。走ることはチャレンジしやすく奥が深いようです。ご存じのテクニックもあるかもしれませんが、少しでも皆様の理解が深まるように進めていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。