講師 近 良明  Yoshiaki Kon


 

 

日本整形外科学会専門医
運動器リハビリテーション認定医
新潟県バスケットボール協会医科学委員長
信越肩関節フォーラム幹事
東北肩関節研究会 幹事

 

2010年に新潟市に整形外科クリニックを開業。
理学療法士を擁し、機能改善を主眼にする診療を行うとともに、メディカルフィットネスを併設する施設を持つ。
“カラダヨロコブ”をキーワードに、整形外科クリニックとKOSMIメディカルフィットネスの2つの柱で、一人ひとりのニーズにあった医療を提供している。また、メディカルフィットネスでは、整形外科クリニックに受診した患者さんを理学療法士と連携し、トレーナーがファンクショナルトレーニングを行っている。
ピラティスのインストラクターが2名常勤し、アスリートのパフォーマンスに寄与している。


基調講演2(10/7 10:00~)

アスリートのみかた ピラティスメソッドの可能性2018

2017年10月に、書籍「運動療法としてのピラティスメソッド」アスリートに対する実践的プログラミングを

監修させていただきました。

私とピラティスの出会いについてをはじめ、実際医師である私がどのように考え、どのようにアスリートを診察し

トレーニングについてどう考えているのか、そして今後の展開の可能性を、過去、現在、未来として

お話ししたいと思っております。
ピラティスのインストラクターの方々がアスリートやクライアントを指導するときのヒントになれば幸いです。